趣味の事

【東海市まつり花火大会】愛知県花火ー大池公園への行き方、有料席、混雑状況、駐車場、交通規制、屋台の場所情報

東海市まつり花火大会と火星記事

スポンサーリンク

第50回東海市まつり花火の情報です。

2019年 第50回東海市まつり花火 概要

開催日/2019年8月10日(土)
開催時間/19:20~20:30
開催地/東海市中央町三丁目1 大池公園
打ち上げ場所/大池公園の東南部
打ち上げ数/約4000発
過去の人出/13万人
問い合わせ先/0562-32-5149 東海市観光協会事務局
有料席/なし
アクセス/
・電車でのアクセス
名鉄常滑線「太田川駅」か「新日鉄前駅」から徒歩15分
太田川駅・新日鉄前駅から 東海市循環バス「らんらんバス」が無料運行

・車でのアクセス
知多半島道路「大府・東海IC」から国道155号・半田街道経由で20分

・らんらんバスからのアクセス
東海まつり花火大会当日は、東海市循環バス「らんらんバス」が無料運行しています。
東海市役所前、市役所西、大池公園で下車

東海市まつり花火ランランバス路線図 出典元:東海市ランランバス




駐車場/約1,300台 駐車場利用時間15:00~22:00

臨時駐車場の混雑状況、埋まっていく順序、穴場の駐車場

東海市まつり花火駐車場 出典元:東海市観光協会HP

東海市観光協会のツイッターで満車情報がながされます。ちなみに2018年のツイートを見ると以下のような状況でした。

・平洲中学校/16時前には満車 ※最寄りのビュースポット芝生広場まで約700m
・平洲小学校/16時前には満車 ※最寄りのビュースポット多目的広場まで約800m
・大田小学校/16時過ぎに満車 ※最寄りのビュースポットまで約900m 常滑・半田方面から便利
・池下公園駐車場/16時20分ごろには満車 ※最寄りのビュースポットまで約600m
・明倫小学校/16時45分ごろには満車 ※最寄りのビュースポットまで約1.3㎞ 半田・大府・三河地区から便利
・星城大学/16時45分ごろには満車 ※最寄りのビュースポットまで約750m 産業道路から便利
・製鉄公園/17時25分ごろには満車 ※最寄りのビュースポットまで約1.3㎞ 産業道路から便利

ということで、屋台が出るメルヘン通りに近い平洲中学校・平洲小学校には駐車場が利用できる15:00には現地に待機したいですね。必ずしも近い順から埋まって行くという事でもなく、目的のビュースポットに近い駐車場を狙って少なくとも15時半ごろには到着しておきたいところ。

比較的穴場な駐車場は星城大学の駐車場のようですね。名古屋方面から東海市入りする場合は産業道路からも近いので便利です。
もう一つの穴場は池下公園駐車場。最寄りのビュースポットのスペースは小さいけれども、普段から市役所利用者も使う最も近い駐車場です。

公園での場所取り、ビュースポット、穴場

公園周辺の道路を走っていますと、2時半ぐらいからクーラーボックスを担いでいる家族や、キャンプ用キャリーを押している小学生らを見かけます。駐車場が利用開始となる15:00ぐらいには、まだまだ周辺道路も混んでおらず余裕です。15:00ぐらいなら好きな駐車場に止められるでしょう。そこから歩いて、公園で場所取りをします。あらかじめビュースポットを決めておき、そこから最寄りの駐車場を決めるといいでしょう。

筆者の場合はオフィスが公園に近いので、18:00ぐらいにみんなで部屋を出ていきました。それで大池のほとりに陣取ったのですが、真ん前に木があったり、芝生の斜面だったりしてベストポジションとは行きませんでした。※池の南側は打ち上げ場所になっていて立ち入り禁止になっていて、池を一周することはできません。

花火開始30分前ぐらいに動物たちがいる芝生公園の様子を見に行ってみたのですが、やはり”満席”状態でした。いろいろな方のお話を聞いてみてのビュースポットをまとめていきます。

東海市大池公園案内図ビュースポット 出典元:東海市観光協会HP

園内ビュースポット1.野球場から展望台までの路上立ち見
テッパンのビュースポット。駐車場が利用可能になる15:00より前には場所を確保する必要がありそうです。ご近所様の特等席カモと書いていた2018年ですが、2019年情報では展望台は有料席と協賛席となっており、展望台には近づくことができませんでした。野球場から展望台に向かう道路上が結構よいビュースポットになっています。けれど、路上サイドに座ってみる人は少なく(人が歩くので見にくい)基本的に路上で立ち見です。

園内ビュースポット2.テニスコート横(東)のトイレ前※駐車場は「太田川小学校」「池下公園P」
こちらは、それほど広いスペースがあるわけではありません。「通路を開けて座ってください」と指導する人が立っていますが、オススメは大池に面した70㎝ほどのスペース。ここには、キャンプ用のいすを持ち込み鑑賞する人が10名ほどいたでしょうか。歩道なので基本的には人が通れるようスペースを開ける必要があります。その後方に10名ずつぐらい。ウォーキングやジョギングの計測スタート地点に50名?ぐらい群がっていました。日中、路面が暖められているので、お尻が熱いですが。汗 その周辺にも丘の斜面や奥まったところにもたくさんの人が座っています。斜面は筋肉痛になるのであまりお勧めではないです。園内の開放エリアを歩いてみましたが、こちらが一番打ち上げ場所から近いと思われます。打ち上げの残りかすが雨あられと落ちてくるほどです。

園内ビュースポット3.芝生広場
芝生広場は、こどもたちが遊ぶ遊具の南側に面しており、少しだけ動物もいます。なので良い季節にはファミリーがお弁当を広げる場所になっています。歩道の上に敷物をし出で座っても結構な熱気が上がってきますが、芝生であれば多少涼しいでしょうね。大池よりも高い位置に、緩やかな斜面になっているので、花火を見るにも、お弁当をいただくにも良い場所です。

園内ビュースポット4.多目的広場
普段はゲートボールなどがされるところで、芝生面はそれほど多くありません。雨上がりには水はけもよくないので場所取りには気をつけたいところです。

園内ビュースポッと5.梅の木園付近
園内の北側開放エリアの路上にところどころビュースポットがありますが、お弁当持ちでゆっくり見物するというよりは、身軽ないでたちで花火撮影を楽しむ人がたくさんいました。

東海市市役所西入り口付近(セブンイレブンがある交差点)
市役所西側の南北道路は歩行者天国になります。基本的に歩行者の通路を確保する必要はありますが、ここに場どる方も沢山いました。
花火打ち上げは二か所ありまして、その両方が下からまるっと見えるビュースポットになります。本来なら、大池に面したバラ園横のプロムナードが加花火観覧のベストポジションなのでしょうが、そこは残念ながら立ち入り禁止区域になっています。市役所西交差点は、ちょうど同じ方向上にあり、木や建物など視界を遮るものがないので格好のビューポイントです。道路の中央分離帯に座る人も見かけました。

アピタ荒尾店屋上
アピタ屋上からだと少し距離がありますが、アピタで買い物をするついでに花火を楽しむことができるのは〇かもですね。

太田川駅
花火大会は東海まつりの一部として開催されるものです。太田川の駅前には盆踊りのやぐらや屋台が立ち並びお祭り気分の中花火をチラ見できます。

というわけで賑やかに花火まつりを楽しみたい向きには、公園北側を拠点にし屋台をの頼みしながらの花火観賞がベストですね。
逆に落ち着いて花火を鑑賞したい向きには公園南側から入場するのがよさそうです。

2019年から有料席販売開始

2019年から東海市花火大会でも有料席が設けられていました。展望台席と野球場席は満席となっていました。

野球場席
5000円/4名まで:1.8m×1.8m
レジャーシートなどは各自用意

展望台席
15,000円/ペア席:リクライニングシート付・1ドリンク付き

展望台の下は協賛席となっています。

屋台が出る場所、交通規制道路、花火観賞の注意事項の情報

メルヘン通りという、旧東海市民病院が面していた通りは16:00から歩行者天国になりに屋台が立ち並びます。大池公園近くにはファミリーマートや唐揚げ店など、坂を東へ下るとカーマや百均ローソン、中京銀行などに面しています。もう少し東にいくとダイソーがあります。「シートを忘れた」「下駄の鼻緒が切れた」「うちわを忘れた」などお困りの際には、カーマやダイソーで調達できますよ。

東海市まつり花火屋台出典元:東海市観光協会HP

【花火大会観覧上の注意事項】
1.当日の危険区域には、絶対に立ち入らないようにしてください。

2.警察署・消防署・消防団・市職員等の係員による注意事項には必ず従うようご協力ください。

3.自動車による来場はご遠慮ください。公共交通機関をご利用ください。

4.本大会終了後、万が一花火の不発玉や不発火薬等を発見したら、直ちに東海警察署・東海消防署または、東海市役所へ通報してください。危険ですから絶対に持ち帰らないでください。

5.歩道橋の上での観覧は危険ですからしないようにしてください。

6.小さな子ども連れの方は、しっかりと手をつないで迷子の防止に努めてください。

7.園内への乳母車・ベビーカーを持ち込まないようにしてください。

8.空ビンや紙くず等は、お持ち帰りください。

9.花火大会が終了したら、すぐに家に帰るようにしましょう。

10.大池公園は、市民の公園です。みんなで大切にするように心がけましょう。

■当日お休みになる公共施設

・東海市立市民活動センター(問合せ先 0562-32-3400) 午後5時~休館
・東海市立農業センター  (問合せ先 052-601-8731)  終日休館
・東海市立中央図書館   (問合せ先 052-601-5335)  終日休館
・東海市営温水プール   (問合せ先 052-601-1136)  終日休館

詳しくは各施設へお問い合わせください

出典元:東海市観光協会HP



東海まつり花火大会を観覧して

いや、花火はいいですね。ずしんと響く音と光の饗宴には感動します。
花火の破片が雨のように降ってくる場所での観覧は格別でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcotomamaをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 東大寺二月堂 【東大寺】鳥肌モノの絶対秘仏~国宝ゾロゾロ世界遺産の謎
  2. モンテクリスト伯華麗なる復讐1 モンテ・クリスト伯ー復讐の美学とは
  3. ロトのつるぎ2 【ドラクエウォーク】オートバトルでクエストレベルをクリアする3章…
  4. 刈谷知立ウォーターパレスKC 【刈谷・知立ウォーターパレスKC】愛知県の使える、人気の駅近公共…
  5. hanerainnojinja 【超パワースポット】羽根ラインの神社・遺跡を旅する
  6. 金魚鉢を置く場所金運 金魚すくいの雑草な金運金魚を育てる場所の選定
  7. 秋田県大曲の花火競技大会 【秋田】大曲の花火2019年花火マニア:日本一を決める花火競技大…
  8. はじめてのキャンプ1 【はじめての夏キャンプ】盆休みアウトドア場所選び、洗濯、服装、す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 苗場山1
  2. jukenngoukakukiganmikawa
  3. 魔法使いの仲間
PAGE TOP