家の事

【2019年福袋】買わない派も絶対買うべき福袋は?百貨店系福袋の中身ネタばれ、福袋攻略法


スポンサーリンク

福袋の予約がそろそろ開始となる季節になってきました。毎年買う派の福袋好きには、逃したくない今からの1か月間となります。
しかし、そうはいっても「福袋、買わないし」「いらないものが増えても困る」という人もいますよね。筆者も基本的にはそのカテゴリーの人間です。購入するとしたら「絶対使うもの」だし「欲しかったものならば安いかも」ぐらいのスタンスです。がしかし、ひょっとして人生を楽しむチャンスを一つ逃しているかも!?
現在、どんな福袋が出回っていて、どんな中身の福袋が人気なのか、それは果たして「買い」なのかを調査してみました。



福袋の楽しみ方

■福袋商戦を読む

「福袋」を最初に始めたのは大阪の老舗百貨店大丸が初めてだという恩田説があります。そののちに松屋、松坂屋などが「タカラ袋」などを扱い始めたとあります。それから元老舗呉服屋が母体となる百貨店が、争うように「福袋商戦」を繰り広げたそうです。翌年の新春に初売りする「福袋お披露目会」が11月15日前後に行われたそうですが、テレビが出始めたころ、最初にマスコミお披露目会をする百貨店がイニシアティブを握ることになったそうです。毎年の福袋の傾向やキーワードをリードしていた王者三越から3時間はやくお披露目会を行った松屋が2011年は報道陣の数が多かったそうです。

松屋が行ったことは単なるお披露目ではなく福袋の「社内コンペ」だったそうです。マスコミの前で行う最終選考会が熱を帯びたプレゼンとなるのは必至でしょうね。ということで、その年の「キーワード」「トレンド」を制する者が福袋商戦を制するということです。

福袋に使われるキーワードには条件があるようです。「お得な感じが満載」「主力の洋服にも食品にも何にでもつかえる」ことだそうですが、今年はどんな福袋テーマになるのでしょうね。

■ドキドキ、わくわく、感動体験

江戸時代に大丸は福袋を販売していたという記録があるようです。中身は反物(たんもの)の端切れなどで、それを袋に詰めて初売りのときに販売していたといいます。福袋の中に、金の帯が入っているものがあり、それが大当たりの福袋だったようです。”富くじ”と言われていた宝くじのようなものだったのでしょうか。反物の端切れは、巾着(きんちゃく)やふくさなどの小物を作ったり、あて布にしたりして実用的に使用できる上に「宝物」が当たるわくわく感があったのでしょう。

それは今も同じで、宝箱のように「何が出てくるかわからない」ドキドキ感や、普段は手にしないものを使える喜びはあるのだと思います。
「あれば便利だけれども、わざわざ買ったりしないもの」「普段ならこんな色は選ばない」「こんなコーディネートはしない」というものを使う楽しさはお値段以上の楽しみがあります。

■新春の福袋で今年の幸運を占う

無印良品のように中身がすけて見えていたり、ネットで購入するネタバレしている福袋では当たりはずれはほとんどないので、セール品を買うような感覚で福袋を購入できます。けれども、アイテムにバリエーションがあり「テーマ」と対象者・年齢などのみが提示されている福袋には「夢」があります。ほしいものが入っているかどうか。あるいは、普段は高くて買わないような実用品が入っていると、なんだかご褒美のようでうれしいですよね。それは今年を占うにはちょうどいいかもしれません。

■福袋交換会

同じ値段、好みのブランド同士ならば福袋の中身の交換ができます。気に入らないからといってフリマやオークションサイトに出品するにしても値はさがりますから「等価交換」ならば文句なしです。兄弟や友達との交換会を楽しみにする人もいるようです。その意味では、夫婦で福袋を買う場合には交換しにくいですね。

■ギフトに福袋を

郵便局でも百貨店系の福袋を取り扱っているようで、注文し送り先を指定できるので贈り物にも良いということです。たしかに、それこそもらった方はわくわく感しかないですね!場合によっては1万円で5万円分の喜びを贈れます。

■福袋は年に一度のお祭り!

年に一度、福袋をゲットするために友達とお店に向かう。それはもはやお祭りのごとし!お祭り騒ぎを楽しむことも非日常的な新春行事なのです。

福袋を買わない理由

ネットリサーチのDIMSDRIVEは、2009年インターネットで8,281人に対して「福袋」についてアンケートを行い、福袋の購入場所や、購入価格などについてまとめていました。2009年に福袋を購入した人は18.9%だったということです。そして、関西圏より関東圏のほうが福袋を買っているのですね。全国展開するお店が関西のお店では福袋を売らないということもあるそうです。理由は「気に入らないから返品して、交換してなどクレームが多いから」だそう。
それにしても全体の8割が福袋を買わないと答えたのですが、その理由はどんなものでしょう。

■自分に合わないもの、不要なものが入っていたら困る 42.2%
「はずれることが多いから」「福袋ではなくごみ袋だった友人を知っている」「福袋で一番かわいいものはモノが入っている袋だけ」「失敗したら泣く」「鹿の頭が出てきた日にゃ、悲鳴上げるわ」

■商品を見ずに買うのに抵抗がある 31.0%
「クオリティに問題があると思う」

■サイズなどが合わないと困るから 27.7%

■福袋に興味がない 27.1%
「くじ運がないから」「福袋を買う快感がわからない」

■魅力的な福袋がなかったから 25.7%

■良いものが入ってなさそうだから 22.8%
「無難な服ばかりで個性がない」

※買わない人たちのご意見を客観的にみると、福袋を「買い物」と思っているということ。「運試し」とか「感動を得る」ということへの期待がなく、どちらかちうと現実的で悲観的?(くじ運がない、とか)そういった感想はとりもなおさず筆者自身のことでもあるわけですが、確かにね。余計なものが増えても厄介者が増えるだけと考えがち・・・(;^_^A

まあ、こんな人間ですが「これなら買ってみてもいいかも?」という福袋をピックアップします。



人気のKALDI2018年福袋の中身・購入方法

KALDI(カルディ)とは「コーヒーと輸入食品のワンダーショップ、カルディコーヒーファーム」としてアピタやイオンなどのモールなどに出店しているお店です。時間により店頭でコーヒーを提供してくれ、コーヒーを飲みながら商品を選ぶことができるので、店頭に行列ができているのをたびたび見かけます。

このカルディの福袋が人気を呼んでいます。

■KALDI(カルディ)の福袋の種類

・食品福袋 3,500円(お菓子、チョコ、チアシード、パスタ、紅茶など18品目ほどで定価は7,000円前後とか)
・もへじ和の福袋 2,000円(うどん、わさび、鍋つゆなど)
・コーヒー福袋 1,700円~5,000円
・ワイン福袋 2,800円~5,000円 (通常6,000円ぐらいのものが2,800円だそうです)

■KALDI(カルディ)の福袋の購入方法

1.公式オンラインショップで予約抽選販売(2017年の販売期間は12月1日~12月10日)
2.店頭で並んで整理券をゲット(お店により初売り日が異なります)

オンライン購入の場合、発売開始より5分で完売していたとか。なので、オンラインは抽選となったようです。抽選に漏れたら店頭に並ぶということになります。あるお店では開店30分前に並んで残り4個だったとか。並ぶのもお早めに、というところですね。

商品がかなり割安でゲットできるだけでなく、商品が入っているおしゃれなトートバッグが人気を呼んでいるようです。

※カルディのなら家に近いこともあるし一度買ってみてもいいかも?と思いました。大人のお菓子の詰め合わせ袋という感じでしうか。

【ヒット文具福袋】は欲しいかも!ロフト2019福袋の中身・購入方法

ロフトの福袋、今年のキーワードは「ありがとう平成福袋」です。

■ロフトの福袋の種類

・ありがとう平成福袋・絆 3,100円(チョコミント派に贈る(お弁当箱、ペンケース、デザインノートなど)
平成最後の書き初め(さよなら平成ステーショナリーBOOK・平成ジグソーパズル・太筆他)
・ありがとう平成福袋・おもてなし 3,100円(和食でおもてなし(徳利、杯、お椀、半月膳、小鉢、箸など2セット)
・ありがとう平成福袋・ありのままで 3,100円(すっぴん(拡大鏡、角質除去、鼻毛取りワックス、クレイパックなど)
(泥~ン(ガスール粉末・クレージュダメージヘアケア3点セット・泥炭石けん他)
・ありがとう平成福袋・バブル 3,100円(キラッキラの開運グッズ(金色のカレンダー、雑貨、金色のだるまなど)
(ゴールドセット(ヘッドスパプレミアム・タングルティーザーゴールド・ナノソープ他)
・ありがとう平成福袋・ブーム 3,100円(パンダセット、ユーチューバーセット他)
・ありがとう平成福袋・ヒット文具 5,000円(ほぼ日手帳、フリクション、立つペンケース、ケシポン、カドケシ、マスキングテープなど)

■ロフトの福袋購入方法

店舗の初売りに合わせて、各店舗で2~5個の数量限定があります。
初売り日時は渋谷ロフトが 2019年元日(火・祝) 10時 渋谷ロフト 1階
銀座ロフトが 2019年1月2日(水) 10時銀座ロフト 3階

※ただ、ロフトの福袋の評判はあまりよくないですね。ほとんど定価というレビューも・・・。ヒット文具の内容は良いとしても定価なら魅力度は落ちますね。

福袋ランキングで常に名前の挙がる「ヨドバシカメラ」や「無印良品」は、その商品が欲しければ安く手に入れられる機会でしょう。「無印良品」は”中身の見える福袋」ですから、わくわく感や期待感は薄めなのかもしれません。”中身が見える”に関しては2005年に三越が打ち出した福袋のキーワードでした。福袋研究会の恩田氏によれば「中身が見える」で福袋のプチギャンブル性を骨抜きにし、セット販売と何ら変わりないと手厳しいのですが割と浸透しているようですね。
また「スタバ」「タリーズ」「コメダ」といったカフェ系のものはチケットが必ず入っているのでそこをよく利用するヘビーユーザーにとってはお得だと思います。なぜか、ひざ掛けブランケットが入っていることが多いようで。オフィスでの冷え対策用?「コメダ」はシロノワール券も入っているようですね。

百貨店の福袋2019

高額の福袋というと、百貨店ですね。「住宅福袋」「貴金属福袋」が代表格で、2,000万円、3,000万円福袋への応募者は思ったよりあるということです。その他「旅行」「ウェディング」「自動車」など。

先のお話で、百貨店の福袋にはその年のトレンドキーワードがあるようですが、今年はどうなのでしょう。早いところで10月初めごろから予約販売を開始しています。百貨店の福袋情報をピックアップします。

■三越・伊勢丹オンラインショップ 2019年先行新春福袋

販売期間/2018年10月31日(水)~2019年1月9日(水)10:00まで
お届け日/2019年1月2日(水)~1月7日(月)
福袋内容/
・婦人服 10,800円~(カシミヤニット3点セットなど)
・婦人雑貨・宝飾 81,000円~(パールネックレス+イヤリング(ピアス)
・紳士服 7,200円~75,600円(イージーオーダースーツ、オーダーYシャツ)
・ベビー&キッズ 3,780円~54,000円(洋服セット+バッグ(箱))
・リビング 2,160円~529,200円(スリッパ、ベッドなど)
・呉服 108,000円~216,000円(訪問着+袋帯セット)※完売あり
・美術 216,000円~324,000円(絵画)
・食品 2,160円~48,600円(コーヒー、ワイン、からすみなど)

※呉服、紳士服、宝飾雑貨、美術、食品はすべて「中身が見える」商品です。

三越
伊勢丹

■大丸松坂屋オンラインショップ 2019福袋

販売期間/第一弾2018年10月2日(火)~11月27日(火)10:00まで、第二弾11月27日~
福袋内容/
・レディスファッション・雑貨 2,000円~10,000円(ヘアセット、エプロンセット、バッグセットなど)
・ベビー&キッズ 6,480円~108,000円(洋服セット)
・ミキハウス 21,600円~54,000円(洋服セット)
・寝具福袋 8,640円~97,200円(ふとん)
・フーズ 1,080円~7,290円(お茶、お米など)
・ワイン・酒 2,916円~120,000円

※キッズなどの一部服飾以外は「中身が見える」商品です。

大丸松坂屋

■高島屋オンランショップ 2019年平成最後の福袋

販売期間/~2019年1月30日10:00まで
福袋内容/
・レディスファッション・雑貨 2,500円~100,000円(靴下、パジャマ、洋服セット、パーセルネックレスセットなど)
・メンズファッション・雑貨 3,240円~21,600円(トランクス、ネクタイ、洋服セット、ジャンパー、カバンなど)
・ベビー・キッズ・雑貨 5,400円~150,000円(洋服セット、ひな人形・五月人形など)
・リビング 2,700円~108,000円(タオル、布団など)
・スポーツ・ホビー 10,800円~21,600円(ウェアセット)
・ビューティ 5,940円~8,640円(化粧ブラシ)
・フード・スイーツ 2,300円~60,000円(スイーツ、ジャム、肉、せんべい、コーヒー、ワインなど)
・高島屋の限定食品福袋 3,000円、5,000円、10,000円

※オンラインショップの見せ方に魅力があります。多くの商品が「中身が見える」商品です。

高島屋

■東急百貨店オンライン 2019年福袋「数量限定」

販売期間/2018年11月3日(土)~12月25日(火)
お届け日/2019年1月2日以降
福袋内容/
・レディス 1,080円~594,000円(レッグアイテム、ダイヤモンドブレス、ヘリコプター遊覧、カバン、洋服など)
・メンズ 1,080円~85,000円(ハンカチ、靴下一年分、シャツ、財布、ネクタイ、パジャマ、洋服など)
・ベビー&キッズ 1,080円~54,000円(おもちゃ、3歳児七五三セット、洋服など)
・ホーム 540円~1,404,000円(ボディソープ、火鉢ダイニングセット、神棚、布団、鍋など)
・コスメ&ビューティ 3,240円~54,000円(スキンケアセットなど)
・フーズ 1,001円~300,000円(ワイン、カニ、マヌカカニ―、スイーツなど)

※「え?」と意外性のある商品が混ざっています。七五三の祝い着などお得かもしれません。

東急



福袋攻略法

■福袋の活用法

福袋敬延派の目で見てわかってきたことは、福袋の楽しみは「心温まること」「感動すること」「喜び」にあるということです。誰でも使えるもの、嗜好性のないもの、食べてしまってモノとしては残らないものなどの福袋を贈り物にすることで、「中身が見える」商品もわくわく感は膨らみます。個人的には福袋をこのように活用したいと思いました。その意味では、食品が基本のカルディや最近の便利なヒット文具であれば、購入する価値はあるなと。

■福袋をどこで買うか

洋服系を選ぶならば、好みのブランド、よく行く百貨店のお楽しみ福袋であれば、好みと大幅にずれることがなさそうです。それに物の価値がよくわかっていた方がうれしさが倍増します。「これほしかったの!」がゲットできれば幸せMAXです。

デパートに限らずカフェ系も、ファストフード系にしてもよく行く行きつけのお店の福袋を選ぶという基本を外さないようにして、プチワクワクを楽しみましょう。よく知っている店員さんなら、福袋についてチラッと漏らしてくれるかも。

また、良く目につくお店の福袋もねらい目です。テレビやネット広告などでよく見るということは力を入れているはずだからです。また、SNSなどでネタバレレビューされている口コミを拾ってみることも参考になります。評判が良ければパワーアップするだろうし、評判があまりに悪くて酷評されていれば、次の年は頑張るかもしれません。町をるいていてそういう福袋に出あたら吟味してみてください。ただし、ゆっくり買えるものは「人気商品」でないことは確かですが。

■ねらった福袋をゲットする

あらかじめほしいものが「数量限定」だとわかったら、それを手に入れられる方法を調べましょう。
近年の流れとしては、人気のブランドやお店では10月ごろから先行予約販売や抽選が行われるケースが増えているようです。過激な福袋競争で怪我をするようなことが起きればお店も混乱します。百貨店でも大きなイベントの際には整理券が配られるのが普通になってきました。
「整理券はどの入り口で、何時からもらえるのか」「受け取り場所はどこで、何時からもらえるのか」など調べられることは事前に調べます。

ヨドバシカメラなども先行予約抽選が行われるのですが、その倍率は1万倍ともいわれるほど確率は低いそうです。抽選に当たらなければ、初売り当日に並んで整理券を確保しなければなりません。

また、複数の福袋を狙い場合は、「限定数量」「人気度」などを考え回る順番もよく検討しておきたいものです。

デパートでは、とにかく中高年のご婦人が多く、恩田氏によれば彼女たちの前にエスカレーターに乗ることが鉄則だそうです。当然ながら目的地への最短距離を事前に調べどのエスカレーター、エレベーターに乗るかを趣味レーションすべし!とのこと。

また、狙いのデパート等の店内案内を熟読して、入り口やエスカレーターの位置をチェックし、年末には狙うお店の店舗を下調べします。当日は履き慣れた靴と暑さ(デパートの中ではアツかったりします)寒さ対策をした服装で福袋好きの友人と早朝から並び、現金はすぐ支払いが済むように取り出しやすいところに用意、効率よく回れるように頭の中でイメージトレーニング。開店したら‥健闘を祈り目的地へ向かってGO!だそうで、もはや戦いですね。

■こだわりのあるカテゴリーの福袋はNG

「これと決めている」コーヒーの銘柄やワイン、下着、化粧品、香水など嗜好性の高いもの、こだわっているもの福袋は、行きつけのお店であっても買わないことが大事です。

■もし、使わないものが入っていたら、それをどうするかを決めておく

「人にあげる」「フリマ」「オークション」「トレード」「リサイクルショップ」など、今はいろいろな方法で使わないものの処分ルートがあります。いつもの方法を決めておくと福袋購入への抵抗が減ります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcotomamaをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 2018年【七五三費用相場】七五三イベント、する?しない?節約法…
  2. はじめての一人暮らしで必要なこと・費用と節約法・おすすめ本
  3. 【危機管理必須】自宅で民泊経営を考える
  4. 【大寒】食べたい旬のふきのとうとお参りしたい旬の神社
  5. 【eコマース】2018年最先端ECの賢い使い方、ネットショッピン…
  6. ジャズドリーム長嶋(三井アウトレットパーク)の行き方、アクセス、…
  7. 金運金魚がやってきたー弱っていた夜祭り金魚が健康を回復した8日間…
  8. 【アメージング!!】ひな祭りイベント12選「日本の文化ってリッチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP