生き方

【自己対話】東西南北のサブパーソナルと対話すると、いいことが起きる

朱雀・白虎

スポンサーリンク

四つの方位には「神が宿る」といいます。
四神とは、中国の神話で「天の四方位を守る霊獣」で、東の青龍(せいりゅう)・南の朱雀(すざく)・西の白虎(びゃっこ)・北の玄武(げんぶ)といっていますが、日本では「き(東)・つ(西)・さ(南)・ね(北)」といって、もともと一つ一つのひらがなに言霊が宿ります。

で、人にも方位に合わせて4つのサブパーソナルがあると考えられていますが、それぞれを統合しひとりの人格としてまとまめて心のバランシングをしています。無視された「サブパーソナル」はそのうち暴れだします。

なので、一年に一度か二度は自分の中にある各方位のバランシングをすることはとってもお勧めです。

夫婦のマンネリ化などは感覚の衰えだったり、麻痺だったり、凍結だったりもします。子宮力をUPするには感覚器官を磨くことがとっても大事です。
感覚器官の確認といっても、見たり触ったりするということではありませんし、特にだれか、第三者を必要とするわけではありません。

瞑想によるインナートリップをしたり、書きだしたりするワークやカードなどのツールによって、自分の感情に気が付くという作業をします。方法はその人が得意な感覚器官をつかって行うのがいいです。筆者の場合は、カードやホロスコープを使うこともあるし、誘導瞑想によることもあるし、書くことなどは日常的にやっていることです。

視覚を使うことが、筆者は多いですが、音楽によって想起する人も多いし、ある食べ物で、ある部分が活性化する人もいます。触った感触や、シャワーなど浴びているときに何かを思いつく人もいます。アロマを焚くとよい人も多いでしょうしね。そうして自分の感情を浮き上がらせて敏感に掬いだすことは、感覚器官の目覚めにとっても大事なことなんです。



自分の中の四方位を統合するためのステップ

まず、オーラやチャクラの浄化をし、シールドを作ってから四方位のサブパーソナルとお話をします。人には4~5人の分身が存在しています。
「東・南・西・北」それぞれ自分の分身であり、その一人ひとりとコンタクトをとるのです。

自分の中にある「北のサブパーソナル」人としての信用を作る教育者を統合する

方位のサブパーソナルはそれぞれ方位が持つ特別な性質をもっています。たとえば、筆者の家のキッチンは北向きになっていて家相的には悪い場所ではないのですが、そこへ行くといつも落ち込むんです。自分を責める思いやネガティブな感情ががいっぱいいっぱい出てくるんですよね。ひじょ~に憂鬱になり、自分自身の駄目な所ばかりを見て突っついてくるわけです。だんだんその傾向がわかってきて適当にあしらえるようにはなったのですが、それでも、嫌なものです。他者への嫌悪感として現れることもありますので、ハッキリ言って気難しく付き合いにくいサブパーソナルです。

北の性質として知性、管理能力、実務、保護、責任感覚、家父長的であり、小骨が多いというか耳が痛いことを言ってくる感じがあります。対策としては、いい気分になる対抗メッセージをイヤホンで聞くことが多かったです。が、基本的に筆者にとって北は落ち込む場所です。
その理由が、北の方との対話でわかってきました。

北にいる筆者のサブパーソナルは、ガンガンの完璧主義者だったんです!!

「まだ足りない!もっとだ!もっと頑張れ!生ぬるい!能力、低すぎ!」

もう、言いたい放題!人にも自分にも厳しく叱咤激励する鬼監督・・・だったのです。

ただね、サブパーソナルも自分の一部であり、憎くて叱咤しているわけではないんですよね。彼女の機能は筆者には必要なものなのです。いて座の筆者はいろいろなことに気持が散漫し、特に未来に気持が飛んでしまうのは子どものころからの癖です。心ここにあらず、という状態が多いのです。

「北のサブパーソナル」は今、ここにある、というその現実を大事にしなさいと言ってくれているのです。北の方の話は、筆者にとっては地に足をつけて歩くための訓練です。おかげで環境の中に出てくる「北の要素」に対していちいち落ち込んだり、悩んだり、自信をなくしたり、という時間が圧倒的に短くなっています。

北の方を統合できないと、惨めな気分になって自信がなくなり卑屈になります。その裏返しで自分より立場の弱い人に当たりちらしたり、支配しようとしたりするようになります。

北にいる教育者を統合するためには、教えたがっていることをすべて身に着けて「卒業」すればよいのです。
早く卒業するための魔法は「素直さ」です。反抗期の子のように無駄に抵抗しないことです。

自分の中にある「東のサブパーソナル」前向きな向上心と活気を統合する

東の性質は、創造、悟り、叡智、大志、大望、インスピレーション、直観などです。家相的には長男の部屋に良いとされる方位です。夢をはぐくむこの位置と調和しておくと実際に運気も上がります。

筆者の場合は東にバイオレットのイメージが現れましたので、一応名前を聞いてみました。

東の方は「私の名は”叡智(えいち)”」と答えました。次にその働きを聞きました。

「私の仕事はワンネス。握手をしたその一瞬で目の前のその人と一体化する」と答えました。

握手でワンネス・・・そんな力が私にもあったらいいのに、と思いました。そんな力を私に下さい。
東のサブパーソナルと対話をした三日後の事です。ハイヤーセルフからまあるい水晶玉をもらいました。これは、どうやって使うのだろう?

「やり方としては、ハートチャクラのクリスタルボールを回転させながら、相手の方のどこか気になったチャクラにギフトを贈ります。」といい、東の方のクリスタルボールの使い方を教えてもらいました。

東方は太陽が昇る方位です。この方位と統合することでやる気に満ちて活気あふれる力を与えてくれます。

自分の中にある「南のサブパーソナル」金を創造する女神と統合する

南の方にについていうなら、全方位中もっとも肉感的で下世話なおばはん、という感じでした。やり手ババ、というかね・・・。どっしり大地に這いつくばって生きている感じ。お楽しみ大好きで、飲むこと、食べること、モノを持つこと大好き、スルこともだいすきという。
南の方位は創造性の源です。安定し、大地に根付き、成長します。種から芽が出て花が咲き実をつける。生長・繁茂という性質があります。

こういう人が自分の中に存在することをほとんど無視してきた筆者は、南のサブパーソナルに言われてしまいました。

「アンタは私を認めていない。見下し、忠告だって聞きやしない。私を嫌ってまともに向き合おうとすらしない」

あなたに必要なものは?と聞いてみると

「きちんと私を受け入れることです」と。「私は毎日、あなたと会いたい。こうしてお蔵にしまっておくことはあなたの金の延べ棒をお蔵入りさせることと同じなのよ」

あなたは”金”なのですか。

「そうよ。私をきちんと評価してごらんなさい。アンタ自身が自分のことをきちんと評価できるようになるわ。それができたとき錬金術師になれるの。金を創造できるの」

かなり評価しているつもりになっていましたが、まだまだ、南の方、ご不満なようです。ここばかりが大好きという場合も良くなくて、ずっと滞在すると心に張りが無くなります。禁欲的な北と快楽大好きな南を巡ることでちょうどいいバランスになるみたいですね。

自分の中にある「西のサブパーソナル」喜びの女神を統合する

西の方ともお話をしました。西というのは、よく夫婦の寝室を配される方位ですね。西陽というのは、日本では嫌われていて窓を作らないですからね。窓が必要ない安眠の場所なのです。

西方位が意味するものは、豊穣、実り、お金、商売繁盛、交流、五感、快楽、天真爛漫、遊び心、喜び、夢、満たされた感情、依存などです。人生の楽しみを謳歌しようとする方位です。

で、筆者自身のこの方位にはなぜか、可憐な花の妖精がいました。カトレヤの花だといいます。ちなみにカトレヤの花言葉は

「成熟した魅力」

「優雅な貴婦人」

「魔力」

12月生まれの筆者の誕生花でもあるのですが・・・華やかで豪華なイメージのカトレアに似ず、その妖精はやせっぽちでまだ子供です。貴婦人のイメージなどどこにも漂わせていません。寂しそうにしていて、毎日私と遊んでくださいと言っています。

「毎日水をください。愛でてください。一緒に遊んでください。私は喜びをあなたにあげられます。あなたに楽しんでもらいたいのです」

「毎日私を見て。その代りに私はあなたの華になります。あなただけのために咲いているのです。私はあなたのハートにいるのよ。愛する喜びを、開花させられるように」

こんな小さな少女を、高貴な貴婦人に育てられるとしたら毎日でも水を上げますとも!!どうやら、筆者自身の能力の一部でもあるサブパーソナルを大分おろそかにして過ごしてきてしまったようです。自分の楽しみよりも向上することを最優先に生きてきたな、と確かに感じています。西にいるカトレアを満足させることは人生に豊かさをもたらすことになるでしょう。

日本では昔から西に床の間や仏壇が設けられています。それは東に輝くご来光をさんさんと受け取り、貯め、熟成させる浄土だからです。山の神の鎮座する場所でもあります。ここが張りだしたりしている家の主婦は、一家を背負うような立場に立つ傾向があります。そんなケースでも、西の方と適切なお付き合いをすることで良い方向になりますよ。

西にいるあなたの「喜びの女神」は今、どうしてますか?毎日もっと西の方と遊びましょう。



四方位を統合して五魂を整える

自分自身の中に眠る四方位(東西南北)のサブパーソナルを統合することは、四魂(和魂・荒魂・奇魂・幸魂)の統合にもつながっていきます。

どれかが突出しすぎていることより、成長していない日陰者をもっと表に出してあげる感覚で、四方位のサブパーソナルとお付き合いしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcotomamaをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. ダイバーシティ ダイバーシティライフをけん引する技術開発を手掛ける筑波大学
  2. buddakarakirisutohe 『仏陀からキリストへ』シュタイナー著 覚書
  3. ヘルシースイーツアート 2019年ホワイトデーギフトの選び方、バレンタインに何も貰えなか…
  4. gedosenkitohnihonsinwa3 ゲド戦記要約と日本神話が酷似している件
  5. 引っ越し開運法 【開運習慣】引っ越しで幸運と金運を呼ぶ!家族の吉方位調べ
  6. 妻への贈り物 妻にきゅん!長年連れ添った妻におもわずトキメいた瞬間
  7. 五頭連峰 越後の奥座敷、五頭温泉郷と五頭連峰で深める五体理解
  8. 部分日食1 【日蝕】8月11日18:58しし座新月の活用法、願い事、いのり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. zaouyamajinnja
  2. 生き雛祭り
  3. 新年の開運行動
PAGE TOP