生き方

おひつじ座の新月から始まる「これからの84年間」をどう生きるか


スポンサーリンク

2018年4月16日、おひつじ座の新月になります。

84年周期という人の寿命と同じぐらいのサイクルを持つ天王星の動きが、人に与える影響は大きいものです。
天王星がおひつじ座から始まりうお座で完結する周期は時代の流れを作っているともいえるのです。

その天王星がおひつじ座に入り新たなテーマで動き始めたのが2011年3月です。
それまでの84年間で日本は、戦後ゼロに帰した焦土を立て直し一時期は世界2位の豊かさを誇るまでになりました。そこで造られたのは「世界への発言力」「発信力」「影響力」「感化力」をもつための強固な土台でした。
2011年3月東日本大震災からの7年は、今後77年間で何をするべきかのヒントをくれると思います。
地球開きのためのこの天王星84年間はあきらかに日本がカギを握っているようです。地球開きのために役割を果たさなくてはならないのだと思います。

だけども、問題は、わたしの今。

ですよね。一人ひとりが今、何をしたらいいのかを探らなくてはならないんです。



4月16日おひつじ座の新月に向けて、まずはこれまでの来歴を振りかえる

まずは、これまでの自分を整理してみましょう。サンプルがないので筆者に起きたことを参考までに書いていきます。

1981年~1988年ごろバブル時代にあなたは何をしていた?

筆者の場合は10歳ごろからビジョンに見ていた「コリドーのある家」を作りたいという夢をはぐくんでいました。

1988年~1995年ごろインターネットが登場した頃あなたは何をしていた?

筆者の場合は結婚生活に突入し、子育て真っ最中だったので建築士という仕事スキルにおいてはCAD化に乗り遅れた感。

1995年~2003年ごろスピリチュアリズムが流行を始めたころあなたは何をしていた?

世界中で精神世界について、宇宙人についてビジョンやインスピレーションを受ける人が続出した時代、筆者は仏教の八正道をまなび、六波羅蜜多修行を日常生活の指針としていました。こちらは講師レベルまで習得。シュタイナー保育園に通っていたママ友たちと「マリアの会」をつくり学びの集まりをしていました。

2003年~2011年ごろSNSで個人発信が盛んになり始めたころあなたは何をしていた?

筆者がブログで発信したりSNSに参加し始めたのは2008年ごろです。子育て時代はアナログ生活100%でした。2004年に降りてきたビジョンに向けて活動をオンラインに切り替えていきました。

2011年~2018年3月、日本が世界中で注目されるようになりあなたは何をしはじめた?

オンラインに切り替えた活動をオフラインにリンクさせるためNPO法人を設立する、会社を設立するなどを行いました。何しろ初めての事なので失敗もたくさん経験しました。『ホツマツタヱ』を読み、古神道、言霊学に親しみ始めライセンスも取得しました。神社には1000社以上めぐり、その由緒を調べました。

こうしてみると、自分が歩んできた道の中に今後の活動のヒントが発見できます。

3月31日てんびん座の満月にすること

4月16日おひつじ座の新月に向けて、直前の満月にはこれまで自分が願ったことがどれだけ適っているかを振りかえることもしましょう。
筆者の場合はいて座の性向が強くて、遠くて高い、なかなか手に入らないモノに意識が向きやすく「叶った感」が少なくてちょっと困りものなのですが、よくよく見てみると知らないうちに叶っている日常はたくさん見つけられます。例えば

■思索する自由時間が確保できてる
■新しいスマホに意識しなくても自動的に替わっている(機種など気にしないし今のままで全然いいといつも思っているので、やりすごぜば古いままだろう)
■成長していくこどものそばでみている(未来へのびる希望を共有できる)
■イヤなこと、辞めたいことはやめる流れになっていく
など、どうでもいいようなことにも見えるが失ってみればその幸せを感じられるような日常の中の願いは当たり前のように叶っているのに改めて驚きます。ほんと、些細なことなんですけどね。大望を叶えるには足元を固めないとね。でも、大望もとても大事です。それを叶えるために日常を自然に整えてくれているという感じです。イヤなことを止めていく流れをつくることも大事です。
■意に染まない作業を止める
■悪縁を断つ
■悪い習慣を止める

自分の成長をはばむ悪い縁や、習慣があったら意図してやめましょう。

あと、2017年までにやってきたことの流れを整理したいですね。筆者の場合、具体的に形となったものをみると、「5次元拠点づくり」という大テーマに関連してハード・ソフトの両面的に土台を作ってきた感じがします。

”長くかかりすぎてんなー”と毎日毎日思うのですが、それでも亀の如く進んでいる様子がわかってきます。
あなたの来歴をよく観察してみてください。今後の方向性のヒントになりますよ。

4月16日おひつじ座の新月から意図すること

2011年に始まった天王星84年期の大きなテーマは「地球開き」です。

そしてわたし自身のテーマは「五次元拠点」を形にする事なのだろうと思っています。振り返れば、「五次元拠点」が何なのかを20年以上にわたり探ってきたことがわかりました。これは、常に自分のテーマを意識して夢と使命感をいだいて意図を発信して成立してきた現実の流れです。

それを踏まえて、この時期にすべきことは「五次元拠点」とは何なのかを設計企画書として具体的まとめることだと思いました。

筆者自身については以上のようになりましたが、あなたにとって今すべきことは見つかりましたでしょうか。

”天岩戸開き”というテーマが日本神話の中に語られていますが、あの時にかかわった神様はこんなお働きをしました。

オモイカネ/岩戸開きご神事の式次第を作成
ツワモノヌシ/真榊を玉串にして鏡をかけいのる。天照大御神が岩戸を出たところで注連縄を張る
タチカラオ/岩戸にスキマできて結界が敗れた時岩戸を投げ、天照大神を引っ張りだす
アメノウズメ/神懸ってカン踊り”ながさく”を諸神の前で踊る

”天岩戸開き”は個人にも起きます。どう開きたいのか意図するべきです。
意図したことを紙に書くことで意図は必ず叶っていきます。筆者のように「すぐに叶ったことがわかる」内容でないこともありますが、足元を見ればそれは事実だとわかります。だから、どんな大きな夢でも今すぐ叶うような身近なことでも「意図」しましょう。

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』が世界中に行きとどいてずいぶん経ってから、悪魔との会話をまとめた本を出版しました。
悪魔の罠の中にあるのが「意志を持たず流される人間は格好の餌食だ」みたいなことを言う場面があります。つねに意図を持つ人を悪魔は翻弄しにくいのです。



2018年どう生きるか。何をやるか。

以上、2018年5月から本格的に稼ぎ方革命が起きると言われるその前にすべきことを書いてみました。
自分自身の、生まれつきの特徴を知っておくことも大切です。
生まれつき「運動神経がいい」「目が合うとにこにこ」「器用」「想像の物語を作る」「絵を描くことが好き」「歌が上手」「よく観察する」「頭の中身を文章に表す事」など人それぞれの特性は必ずあります。逆に苦手なことの中にもヒントがあります。「話すことが苦手で緊張するとどもる」場合、過去世のトラウマが隠れているかもしれないという事です。何十回、何百回と転生を経てきた人の「経験」がエッセンスとして現在にも受け継がれているのです。トラウマは解消することができます。トラウマの一つの経験としてうまく折り合う知恵になっていたりするという事です。

■これまでの自分の来歴を整理して自分の方向性やどこ分野に勝ち目があるか流れを知る
■これからやる事をすべて書き、意図する

あなたに新たな気づきがもたらされますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcotomamaをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 【自己対話】東西南北のサブパーソナルと対話すると、いいことが起き…
  2. ゲド戦記要約と日本神話が酷似している件
  3. 【土地改良】堕ちた日本の国土を、最先端技術+才覚でイヤシロチ化す…
  4. 2018年ホワイトデーお返しスイーツトレンドランキング
  5. 【金運を呼ぶ家】伝統風水で財運?家相で開運?あなたはどちら?
  6. 『仏陀からキリストへ』シュタイナー著 覚書
  7. 【ハワイ島最新情報】キラウエア火山噴火と”女神ペレ”今ハワイに行…
  8. 皆既月食ー赤い月がでると大災害が起きる?言い伝えのまとめと201…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP