趣味の事

【ベスト4選定】2018年1月期ドラマから見えてくる世相と危機感


スポンサーリンク

2018年年頭のドラマを後追いで見ています。
「こんな奴おらんやろ」という人物も登場しつつ、前期の『ブラックリベンジ』逆バージョンあり、タイムスリップドラマがいくつかあり、同じ名前のヒロインが複数登場したりして。

「俺なんか」「私なんか」というセリフから「俺だから」「私だから」に変貌する(であろう)ことが一つのテーマになっているのが『きみが心に棲みついた』です。

ドラマ枠としては『カルテット』など、癖があり、だからこそ癖になるドラマを排出した枠。
『カルテット』は椎名林檎さんも”ロス現象”を起こしたと紅白で告白していました。
高橋一生さんのお初は、筆者の場合『民王』でしたが『カルテット』でもその存在感がよく表れていました。
その後『おんな城主 直虎』で、ブレークし世の中に”ロス現象”を起こした立役者となりました。
いま、『This is  us 』の主人公の一人の声役でも登場しています。

キミ棲みでの注目は、やっぱり主役の吉岡里帆さんです。
『ごめん、愛してる』でもひたむきな役柄を好演していたと思います。ですが、何よりもバラエティーに出たときの彼女のふるまいに釘付けになりました。
「もってるなあ」という感じで輝いていました。
キチンと自分の意見を嫌味な降すことのできるキャラクターで、『キミ棲み』とは真逆かも。
『キミ棲み』でのキャラクターは「うう・・・見続けるのはきついな」というすごさなのですが。

日本アカデミー賞、優秀主演女優賞と優秀助演女流賞をW受賞した注目の広瀬すずさんも今季ドラマに出てますね。
『anone』では、ネットカフェを住処にしつつ、遺品整理やさんでバイトする女の子を演じています。

現代に生きる屈折した人たちのドラマで、一筋の光を見せてほしいと願います。

2018年4月期はこちら
【信用詐欺師】『コンフィデンスマンJP』をヒントに”烙印”をブッ飛ばす




第一回の視聴率順にピックアップします。

『BG~身辺警護人』

あらすじ/
主演者/ 木村拓哉、江口洋介、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、石田ゆり子、上川隆也
脚本/井上由美子

『西郷どん』

あらすじ/師である島津斉彬の死、篤姫との恋、仲間との結束から決別まで様々な経験をする西郷隆盛の波乱万丈な革命家として明治維新を達成するまでのストーリー
主演/鈴木亮平
原作/林真理子
脚本/中薗ミホ

cotomama雑感・・・テンポのいい初回で、引き込まれました。歴史上の偉人である主人公の気持ちの良い性格に安心してみることができます。下級武士で生活も楽ではないが今後日本を動かしていく人物になっていく過程を見てみたいと思わせます。

『99.9 刑事専門弁護士』

あらすじ/99.9%有罪でも、真実を追いかけ無罪に持ち込む弁護士の話
出演/松本潤、香川照之、木村文乃、笑福亭鶴瓶、馬場園梓、佐藤勝利、岸部一徳
脚本/宇田学

cotomama雑感・・・スカッと系のドラマです。無実の罪に窮地に陥る人をどんどん救い出してほしいです。

『もみ消して冬~我が家の問題なかったとことに』

あらすじ/全員東大卒のエリート一家に次々に起きる問題をもみ消す末っ子の主人公
出演/山田涼介、波瑠、小澤征悦、小瀧望、恒松祐里、児嶋一哉、千葉雄大、浅野和之、中村梅雀
脚本/金子茂樹

cotomama雑感・・・山田亮介くんの巧みな顔芸ドラマです。末っ子の使いっ走りはよくある光景です。でも、いいんかい?そんなことして。

『アンナチュラル』

あらすじ/ 不自然死(アンナチュラル・デス)の8割以上が解剖されないまま適当な死因をつけられる日本の現状を改善するために出来た不自然死究明研究所に所属する法医解剖医の話
主演/石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、薬師丸ひろ子、松重豊
脚本/野木亜紀子

cotomama雑感・・・軽い早口トークスタイルの役どころが多かったので、落ち着いたリケ女は珍しいですよね。甘く軽やかでふんわりしたベースのイメージがあっての、ですがここで『地味にすごい!』の舌鋒鋭さが似合うと思うのは筆者だけか。

『きみが心に棲みついた』

あらすじ/子供の頃から人前に出ると緊張のあまりパニックになって吃(ども)り、弱気な性格の今日子は挙動不審の行動のために「キョドコ」と呼ばれていた。大学時代からの男のせいで今日子は傷付いたが、今日子に「そのままでいい」と言ってくれた唯一の人間だったが、彼の前で金縛りになり悪魔のように立ちはだかり新しい恋の予感にも前に進めない。
主演/吉岡里帆
原作/天堂きりん
脚本/吉澤智子、徳尾浩司

cotomama雑感・・・あんな子いるか?という漫画チックなはじまり。ホントにいたらかなり引くと思われる。ストーカーみたいな悪魔に付け込まれるわ、それでいてなんでそんなに突飛な積極行動?ちょっと病的なほど人との距離が取れない。でも好きな仕事に出会って打ち込んでいて、「私なんか」という口癖を直していきたいものですが、いかに。

『anone』

あらすじ/更生施設で育った主人公が”ハズレ”と呼ばれた人生をどう生きていくのか。
主演/広瀬すず
脚本/坂元裕二

cotomama雑感・・・あまり幸せでない人々の暮らしがオムニバス的に展開し、お札の入った袋が接点となって物語が展開していく。幼少期から更生施設で育った主人公にとっての希望である、施設で一緒だった病気の男の子との今後の展開が楽しみ。

『海月姫(くらげひめ)』

あらすじ/「おしゃれ」に縁のなかったクラゲ大好きなオタク少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたラブコメディ。
主演/芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、北大路欣也、要潤
原作/東村アキコ
脚本/徳永友一

cotomama雑感・・・コミックの原作によくある大げささと気持ち悪いほどのオタク女子が集まっている。無駄に卑下して大げさなのが鼻につくが、それでも笑えたのは『キミ棲み』にはなかったところ。着飾らない女子がどんなふうに変身するのかは興味津々。気になる男子が、素のままでは「きもちわるい」身ぎれいにすれば「好きになる」というわかりやすさ。

『トドメの接吻』

あらすじ/幼いころ遭遇した客船の沈没事故から、愛にゆがんだクズ男となった主人公がキスで死に、7日前に生き返る。
主演/山崎賢人、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗、志尊淳、菅田将暉
脚本/いずみ吉紘

cotomama雑感・・・『陸王』で気持ちのいい役だったので、クズ男にはイラつきます。菅田将暉が謎で、そこには興味津々です。20歳そこそこなのに娘がいるというマッケンユーには『仰げば尊し』でもいい役やっていました。注目しています。

『FINAL CUT』

あらすじ/母親を死に追い込んだ犯人を追い詰めていく息子の復讐を描く。
主演/亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、佐々木蔵之介
脚本/金子ありさ

cotomama雑感・・・無実の罪で自殺した肉親の復讐劇・・・というと2017年にやっていた『ブラックリベンジ』を思い出してしまいました。でも、暴力的権力をもつ”間違った報道のちから”への憂さを晴らしてほしい。

 

まだ始まっていないドラマもあります。

『隣の家族は青く見える』など。
楽しみにしましょう。

2018年1月期ドラマcotomamaベスト4

2018年1月ドラマまとめとしてcotomamaゲスト3をつけてみました。あくまでcotomama目線であることをお断りしておきます。
判断基準は「スピード感」「爽快感」「ホロっとくる人間ドラマ」です。

トドメの接吻

トドメの接吻は、全く期待していなかったけれど、案外よかった!
クズ男は、案外まともで誠実なところがあり、キチンと本当の相手を見つけられた。主演の山崎賢人は、同じ枠の前期ドラマ『陸王』での役柄がよかっただけに、タイトルだけ見て「ダメだな」と正直思っていましたが、なかなか良かったです。

99.9

やっぱり、残り0.1%の可能性がスッと通っていく爽快感はたまりませんね!
冤罪という結構重たいテーマをコメディ仕立てにし、「疑う」という罪に対しても怒り過ぎず、適度な正義感を人に呼び起こしてくれると思います。
怒りという感情が本当のことをみつける邪魔をするということを教えてくれます。

アンナチュラル

アンナチュラルはとても勉強になりました。法医解剖医により「事件性がないとされた遺体」が語りだす”不自然死の事実”。事実以外の処理をされて消えていくイノチに向き合うドラマであり「本当の事」へのこだわり方は『99.9』に近いものがあります。

もみ消して冬

なんだろう。全体的にはコメディ以外のものではないのですが、なんというか、冷たいようなありえない家族の中に内心が見え隠れするところでホッコリするギャップがよかったのかな。結構ポイント高かったです。

2018年1月期ドラマから見えたこと

挙動不審のキョドコや、目を見せないニート・ヲタク女子が登場するドラマに思ったことは、見ていてイライラする「キョドコ」や気持ち悪いヲタク女子の本当の心や姿を知った人のなかにその印象が棲みついて、好意を寄せていくというお話であり「人を見かけで判断しないで」というメッセージだったのかな。

99.9もアンナチュラルも隠された真実を掘り出すドラマであり「人のことをカンタンに裁定して終わりにしないで」というテーマが流れているようにも感じました。行き過ぎた大衆先導、洗脳する報道を裁く『FINAL CUT』は、そうした一方的な決めつけや事実無根の烙印を許してはいけない、というメッセージでした。

弱い立場の個人が、権力、権威、脅威に対抗するすべはあるのか?

そんな危機感がドラマに現れたようにも見えます。
まさに、近隣諸国がねつ造した”事実”が「歴史」として刻まれようとしている時代の危機感、焦燥感の表れかもしれません。

「本当のことを見なさい 本当のことを聞きなさい 本当のことを知りなさい」

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcotomamaをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 【宙船の記憶】”空みつ大和の国”をまもる…
  2. 【北神奈川大会決勝】慶応2018高校野球30日優勝!決勝会場混雑…
  3. 【岐阜】長良川花火2018完全攻略、ビューポイント、穴場、屋台、…
  4. 東京オリンピック2020年日程、チケット価格と購入方法、倍率、金…
  5. 【はじめての夏キャンプ】盆休みアウトドア場所選び、洗濯、服装、す…
  6. 【モンスト超初心者】はじめのストライク、どんなゲーム?入り方、遊…
  7. 【フィリピン】断崖に吊るされた棺桶を見に行くバギオからサガダへの…
  8. とだがわこどもランド【戸田川緑地公園】プールの楽しさに匹敵する水…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP