住居

藤井聡太くんのお家は?二世帯住宅のメリットデメリット


スポンサーリンク

藤井聡太四段が、佐藤名人に勝利し、次戦は羽生竜王と対戦だそうです。
漫画顔負けの展開というコメントもあるほどドラマティックな展開です。
やはり、並みの15歳ではないですね。

藤井四段はモンテッソーリの教育を受けていたという事は有名ですが、将棋自体はおばあさまに教わったそうです。
おばあさまのお家は隣にあり、いつでも出入りできる環境にあったようです。
三世代が近くに住んでいると子育ての”目”が多くなりますから、子どもの情緒は安定しやすいのではと思います。

親と同居することになったので二世帯にリフォームしたい

親と同居することになったので二世帯にリフォームするというケースは多いです。
二世帯住宅リフォームを考えるきっかけは、結婚や家族の成長で家が手狭になったことや親世代の老後に備えてという理由があります。



核家族で子どもを育て上げるのは、かなり大変な時代になってきています。
「国民総活躍社会」の理念は素晴らしいものですが、それを具体的に実現する一つの形が、二世帯リフォームが秘めた可能性です。
国が三世代同居する住宅への補助をするには老若男女すべての人が”生産者になってほしい”という期待があるからです。
二世帯住宅を選択するためにメリット・デメリットはどんなところにあるのでしょうか。

二世帯住宅のメリット

二世帯で暮らすということは、単純に家族が増えるということです。
子育ての手が増える、庭の植物や動物の世話をする手が増える、介護の手が増えるのです。
一人ひとりの負担が減ると同時に気持ちの負担も分かち合えます。
設備周りを共有することで暮らしのコストを抑えることができるし、暮らしのいろいろな不安が膨大に膨らむことを抑えられます。

単身世帯が増え続けるなかで、多種多様なシェアハウスが生まれていますが、シェアできる暮らしを求めている人は多いのです。
シェアハウスでの暮らしによって、生まれ育った家のことを見直したり、どういう家族を持ちたいかというシュミレーションになっている面もあります。
けれども最も大きな意味は「シェアできるところはシェアして助け合う」手を貸しあうメリットがあるからでしょう。
安心を得られることも人がたくさんいることの大きなメリットだと思います。

二世帯同居といっても特定に枠にハマる必要はなく、シェアハウスとしての同居生活もアリじゃないでしょうか。
そのように家族ごと独自のスタイルを作って行く時代に入ってきました。

二世帯住宅のデメリット

デメリットは、家族の分だけ意見があり、意見が合わない場合に家の空気に不具合が生まれる事でしょう。
暮らしの文化は育った家庭で異なるものです。

新しく家族になった時、その習慣が鼻につくと「もう一緒に暮らしていけない」とすら思ってしまうこともあります。
潔癖症の人とだらしない人が一緒に暮らしたら、お互いストレスが起こることは目に見えています。
生活習慣や性格自体に善悪や上下をつけてしまい、お互いに傷つける喧嘩に発展することもあります。

好きで結婚した人には合わせられるけど、その親とまでは・・・と考える人が多いので核家族が増えてきた経緯があるわけです。
お互いの動向が気になり、監視のしあっこが大きなストレスを生むきっかけにもなるでしょう。
人が増えれば、トイレやお風呂、洗面所の争奪戦が増えその分摩擦も増える。それがデメリットと言えます。

最大効果を狙う二世帯住宅のために

二世帯同居のデメリットを解決し、メリットだらけにして最大効果をもたらすことが家を二世帯同居リフォームする最大の目的であり、お金をかける理由です。
子どもを優しい子に育てたい、思いやりのある子に育てたいと思う親は多いものです。
どんな子になってほしいかという質問に対して最も多いのが「優しい子」なのです。
そのために必要なことは、暮らしの中で思いやり合う体験をたくさん積むことなのです。

「優しい子になりなさい」と口うるさくいい聞かせて優しくなる子などいないのです。
大人が背中を見せるしかないのです。
多くの時間をそばにいて、優しいってどんなことかを教えてくれる大人を子どもにプレゼントするのが二世帯住宅だと考えます。

二世帯住宅の間取り

では、二世帯住宅のデメリットを消して最大効果を生むための具体的プランについて考えてみましょう。

完全同居の場合の間取りリフォーム

「たくさんの家族の中でにぎやかに食卓を囲む」というイメージはとても暖かく楽し気です。
完全同居の場合は、にぎやかさを楽しめるつくり方をしたいものです。

「家族でつくる日曜ごはん」「家族でするバーベキュー」などお楽しみイベントを想定して広いアイランドキッチンにしたり、広いデッキをつくるなどの仕掛けをつくります。

一方、家族が増えたときに困るのがトイレや洗面所の奪い合い。
動線で解決できるところはしながら、ミニキッチンやシャワー室を設けるなど工夫もできます。

部分的に共有する場合の間取りリフォーム

生活のリズムが異なる場合は、支障が起きない部分だけを共有するというカタチもあります。
夜勤の多い世帯と、昼間の活動を主に行う世帯とは、夕食時間もバラバラで顔を合わせることは少ないかもしれません。
お風呂なども重なることが少ないので共有しやすい面はあります。
子どもがいる場合に、部分共有する暮らしは大いに効力を発揮します。
子どもの暮らしは昼間の活動がメインですから、親が眠っていて会話ができない寂しさを祖父母が補ってくれるでしょう。

生活時間が異なる場合に、お互いのストレスが軽減されるよう生活音対策の間取りを考えておきましょう。

完全分離型の間取りリフォーム

お互いがプライバシーを守って自由に暮らしながら、スープの冷めない距離感でお互いを見守り合う暮らしが可能です。
国土交通省は三世代同居家庭のリフォーム補助金を出していますが、その条件としてはキッチン・トイレ・浴室などが住宅内に二つあり、相互に行き来できる家であることが条件となります。
市町村にも三世代補助企画がある場合もあります。
リフォーム費用を抑える意味でも、どんな補助金があるのか下準備が必要です。

二世帯住宅リフォーム成功のコツ

そもそも住宅というものは、そこに住む人や家族の安全を守り快適に過ごすための機能です。
「にぎやかに暮らしたい」「安心して趣味に没頭したい」「子どもが健やかに成長することを願って」「体の弱った親をそばで見ていたい」という様々な思いを暮らしで実現するための家なのです。

一人の時間を重視するタイプ、にぎやかに過ごすことを重視するタイプが一緒に暮らすときに必要なことは、互いの価値観を否定しないで,それぞれの温度差を認めあうことです。
「暮らしリズムが違う」のか「生活感覚・価値観が違う」のかをよくわかったうえで解決していくことが成功のコツだと言えます。

暮らしのリズムが異なる場合の同居成功のコツ

暮らしのリズムが異なるという事はキッチンや浴室を使う時間がズレるので、完全同居も可能です。
その場合は生活音の軽減などに考慮するリフォームを考えましょう。

生活感覚の違い、価値観の違いがある場合の同居成功のコツ

「トイレのふたを閉めない」「ご飯のお膳並びが気になる」「部屋が散らかっていてもほったらかし」など、性格や育った環境による生活習慣や感覚は、思いのほか人の深いところを掘りだす要素を持っています。

「育てた親の顔がみたい」という風に発展しやすいのです。
生活習慣は子どもの躾にも大きな影響を与えるために改善するべきところは改善し、この家の新しい生活文化が生まれることが理想です。
そのために必要なことは二世帯同居のための独自のルール作りです。




お互いに改善すべきところはあるはずです。
それを明文化してしまうことで余計なトラブルを回避できます。
ルール作りの時点で折り合えないところの生活を分ければいいのです。

 まとめ

二世帯同居はちょっと避けたいのはなぜなのでしょうか。理由は人それぞれでしょう。
二世帯同居のデメリットの存在を大きく感じているからなのですが、デメリットをメリットに変えることは可能です。
二世帯住宅のデメリットをメリットに変える工夫の一端を知って、前向きに取り組んでみませんか?
藤井四段の安定感、穏やかさは、周囲からたくさんの目に守られてきたからだと思うのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcotomamaをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 【お湯が出ない】水道・給湯器の今すぐ体策と予防
  2. 優遇金利に直結する“省エネ化”とは?
  3. 【給湯器】シャワーの水圧が欲しい時の対処法
  4. リフォーム前提、中古マンションの見立て方
  5. 【給湯器の選び方】寒波に弱い給湯器・寒波に強い給湯器
  6. 住みながらリフォームするデメリット対策
  7. 家を長持ちさせる屋根のリフォーム
  8. 対面キッチンのメリットデメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP