住居

【いちごの日】新年度を迎えるにあたりリフォーム準備をはじめよう


スポンサーリンク

1月14日の日没から1月15日の日没までは小正月(こしょうがつ)です。
望(もち)の正月とも女正月とも呼ばれています。
小正月をもって松の内はおわりと古くから考えられていました。
望、というのは月齢の15日の満月の日のことだったからです。

いちごの日、さあリフォーム準備をはじめよう

itigonohi

いちごの日 というのは、15だからなんですが、全国いちご消費拡大協議会が制定したものだそうです。
お祭り好きな日本人、みんなでいちごをほおばるのもビタミン接種のためにはいいですね。

センター試験の結果判定が出て、新年度の進路確定に一つ近づいてきました。
社内での移動もあるでしょう。引っ越しなど、暮らしが大きく変わる時期の到来です。




そんな機会に家をリフォームしようかと考える人も多いかと思います。
リフォームを考えるにあたり、どんな準備をしたらよいかなど1級建築士が考えるリフォームについて述べていきます。

そもそもなぜリフォーム・リノベーションするの?

nazerefome

「家をリフォームしたい!」

子どもの頃から私自身、気分一新するためによく家具の配置換えをしていました。
理由は、部屋の空気を換える事。
部屋の模様替えをする時「リフォーム」とか「リノベーション」と言いますが、部屋の配置換えはもっとも簡単なリノベーションと言えます。

けれども、気分転換だけでは済まない家の悩みがありますよね。
「漏水している」「基礎が沈んでいる」「建具が閉まらない」など、家の構造や設備というハード面で欠陥が生じた時です。

また、子どもが思春期に入った、大学合格、人事異動、結婚、親の死去などで「家族構成が変わった」「子どもとの関係に溝ができてきたのは家の間取りに問題があるような気がしている」というような家族の心の成長に心配が出てきたときにリフォームを考え始めます。

リフォームすべきか、せざるべきかは悩ましい問題です。
そんな時、住宅建築のプロから見たリフォームについての見方を、一つの判断材料にしていただければと思います。

家をリフォームしなければならない理由

Shelter

家というものは、シェルターとして機能しています。
雨風をしのぎ、身を守るシェルターです。最近では放射能から身を守る頑丈なシェルターのことも議論されています。

ですから、安全であることはリフォームの大きなテーマになります。
緊急度の高い順で述べますと「雨漏り」「漏水」「害虫被害」は今すぐに修繕すべきです。
次いで「害虫・害獣よけ」「地盤沈下による傾き」が見られる場合の対策です。
これについては、事によっては大きな工事なるので、ある程度時間がかかります。
建具の建付けが悪くなった、という場合は建物そのものが傾いているという事も考えられます。
そして「耐震性向上」「家の中での転倒防止」となります。
上記の場合はリフォーム・リノベーションをしなければなりません。

まずはリフォームとリノベーションの違いを知りましょう

reform2

ところで、リフォームとかリノベーションとか、修繕、改築、模様替えという専門用語がありますが、それぞれどんな意味があるのかを知っておくことは大切です。
これには建築基準法上の定義のある用語と一般的に使用されている用語があります。

修繕・模様替え・改築・増築・用途変更

修繕・模様替え・改築・増築・用途変更という言葉が使われる場合は、建築基準法に関わる規模と範囲を調べる必要があります。
規模によっては確認申請が必要となり、建築主事に書類を提出します。

リフォーム

一般的に住居などの改装のことを指します。
主要構造部や設備配管等に変更を加えず、床面積も変わらず、クロスの張替えや作り付け家具などの配置を変える範囲で行われる工事のことです。

リノベーション

リフォームは一般的に間取りの変更は行いませんが、リノベーションは間取りの変更を含み、スケルトン(構造部分のみを残す状態)から作り直すイメージで使われます。ビルに入居する店舗改装の住宅版といえます。

家をリフォームしなくてもいいケース

Relocation

人生の中で家族構成が変わる時はリフォームする良い機会となります。
増えていく時、減っていく時にもリフォームが必要になります。

住み替えをして持ち家を賃貸する場合

ただ、家をリフォーム・リノベーションする必要がない場合もあります。
それは住み替えを選択するケースです。
「家族が多い時は一戸建てに暮らしをし、夫婦二人になったらマンションに住み替える」
「結婚してマンション暮らしではじめ、子育て時代は一戸建てに暮らし、一人になったらまたマンション暮らし」
などという住み替えがスムーズにできるよう、国を挙げての取り組みもなされています。
住み替えする場合は、新しく暮らす住人がリフォームする方法が効率的です。

家を売却する場合

家の持ち主は住み替えて、持ち家を賃貸するという選択ができますし、もちろん売却することもできます。
売却する場合には土地家屋売買業者に相談をします。

家をリフォームしなければならない場合

rokyuka

1.家の老朽化

■雨漏り
屋根の構造により「谷」ができる部分や、台風などで瓦がずれてしまった時、雨どいが詰まってしまった時、陸屋根の防水シートに亀裂が入った時など、雨漏りの原因になります。
サッシの取り付け仕舞い、ベランダ排水処理からも雨水が侵入することがあり、カビや汚れの原因となります。
■漏水
雨漏り以外の漏水は、配管の痛みや接合不具合などの原因が考えられます。

2.家の安全性を失っている

■家の中での転倒防止
家にまつわる傷害事故で最も多いのが家の中での転倒によるものです。
滑りやすい床・階段、お風呂の床材をリフォームする、手すりを設ける、段差をなくすバリアフリーリフォームをして安全な家を目指します。
■耐震性能をみたしていない
大きな地震や津波が起きるたびに耐震基準は見直され、建築基準法や条例などに反映されてきましたが、新耐震基準が制定されたのが1981年です。
それ以降に建てられた新築住宅は新耐震基準に適合しています。
逆に言えば1981年以前に確認申請を受理された建物は古い基準に基づくものになっています。
家の安全性は国民の命を守る重要事項ですから、新耐震基準を満たす家づくりをサポートする国の補助金なども設置されています。

3.リラックスできるという安心が得られない

身を守るための家が人のイノチを奪うとしたら、本末転倒です。
シックハウス、間取りの不健康さなどで、アトピーや頭痛に悩まされるのは安全とは言えません。

住み替えする?リフォームする?

ienokati

1.ライフスタイルの変化予測とお金の計画

子どもが家族をもって独立した場合、同居しますか?それとも別居しますか?
今は、子育て協力、生活費協力などで子世帯に協力する親も多いですし、結婚が即独立とはならない面もあります。
離婚して戻ってくるケースも多いです。
不確定要素が多いのでライフスタイルが決めにくい世の中ですよね。
いつか戻ってくることを想定して家のリフォームなどできませんから。
そう考えるならばまずは、確定的な一世帯あたりで暮らしやすい間取りの家に住み替えるのも快適です。




間取りに不便を感じたら、それは大きなリノベーションになることが多いです。
大きなリノベーションにするか、住み替えにするかは、お金の計画をたてて決めていくのがいいでしょう。

2.家はあなたにとって投資?それとも消費?

家を建てることはあなたにとって投資でしょうか?それとも消費なのでしょうか?いやまて、ひょっとして浪費!?

もちろん、浪費にはそれなりのに良い影響もあることでしょうが、その浪費のリターンが「幸福」であるならばよしとして、「苦しみ」になるならば割に合いませんよね。

投資になる家とは、人に賃貸できる家です。その他、その家をもったことで仕事が順調行き家の建築費よりも上回ったら、それは投資です。
また、子どもがよく育って立派になり幸せな老後を過ごすことができるならば、それも世間と自分へのリターンが大きな投資かもしれません。

家のローンを払い続け、家の価値が次第に0に近づいていくならばそれは”消費”なのかもしれません。

家にお金を掛けることが投資になるか、消費になるか、浪費になるかは人によって異なります。
少し視点を変えて考えてみるのもいいですよ!

さいごに

「人はなぜリフォームするのか?」

今すぐやらなければならないモノから、ある意味哲学的視点まで見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
「リフォーム熱」に浮かされている時には見えにくい、「リフォームすべきかせざるべきか」のヒントになれば嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcotomamaをフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. shunoreform 収納リフォームをする前に絶対に考えておくこと
  2. suminagarariform2 住みながらリフォームするデメリット対策
  3. nisetaireform 藤井聡太くんのお家は?二世帯住宅のメリットデメリット
  4. oyugadenai 【お湯が出ない】水道・給湯器の今すぐ体策と予防
  5. basurumureform 掃除簡単なバスルームにリフォームする
  6. 鏡 【安全な一人暮らし癖】引っ越し先で真っ先にすること
  7. rokyukaneko 【リフォーム】家が老朽化すると野良猫が住みつく!?
  8. bariafuri2 手すり取り付けリフォーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 女信用詐欺師
  2. 西野監督奇跡を呼ぶ男
  3. zenkokusetubunnsan4
PAGE TOP